九州の観光情報サイト:Kyusyu.sky.net

備前:明禅寺城址(みょうぜんじじょうあと)

住 所 :岡山県岡山市中区沢田
築城者 :宇喜多直家
築城年代:永禄九年
形 式 :山城
遺 構 :曲輪・堀
指定史跡:未指定
訪問日 :令和03年07月31日

歴史

明禅寺城は永禄九年に宇喜多直家が築城したと云われている。
直家は浦上宗景の家臣であったが備前国で領土拡大を図り明禅寺城を築城する。
だが同じく備前国で領土拡大を図る備中の三村元親が同十年に備前へ侵攻すると、明禅寺城で戦火の中心となる大戦が繰り広げられる。これが「明禅寺合戦」である。
元親の父:家親は前年、美作国で宇喜多氏と争いの最中に暗殺されており、三村氏と宇喜多氏の関係は悪化の一途を辿っていた。
戦は夜襲を仕掛けた元親の軍が明禅寺城を占拠するが、直家は元親に降伏した備前の国衆を寝返らせ明禅寺城の孤立化に成功する。
更に直家は明禅寺城に立て籠もる三村氏の守兵に降伏を呼びかけるも拒否されると後詰の元親率いる本体ごと粉砕する作戦を立案する。
元親は明禅寺城と連携し宇喜多氏を壊滅させるため一万の軍で備前へ侵攻すると直家は五千の兵で明禅寺城へ向かった。
直家は元親到着前に明禅寺城を落城させ三村氏の動揺を誘うと三村氏の先方隊も撃破し戦を優位に進める。
その後、三村氏側の軍は動揺が広がり個々の判断で動くようになり戦局はさらに悪化すると元親やその旗本衆は家親の仇を討つ為、宇喜多氏に突撃を行うも戦局を打開するには至らず敗退すると元親は備前西側の勢力を失った。
この戦いで宇喜多直家は備前で絶大な力を得る事となり後年浦上氏を追放し備前を手中に収める事となる。

現在

現在明禅寺城址は操山山腹と山頂に曲輪や堀の遺構を残している。
明禅寺城址へは幾つかのルートがあるが今回は恩徳寺の北側から散策を行った。
このルートの入り口は一見柿畑の敷地に思えるが「遍路」と書かれている山道を通ると「明禅寺城」の道標が見えてくる。
山腹には多少の石塁らしき遺構を確認する事が出来る。
山頂近くには「明禅寺城跡」の立て札があるがその周辺には曲輪らしき物の確認が取れる。
山頂には休憩所の横に巨石と虎口らしき物が確認できるがこれが遺構であるかは不明だ。
この休憩所に「明禅寺城」の案内板があるがかなり損傷が激しく読み取る事が出来なかった。
操山側山頂周辺に明禅寺城の石塁が残されている模様で、操山山頂を目指すも途中落石の為に
登山道は封鎖されており散策を断念した。

MAP