kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  

吉野ヶ里遺跡は縄文時代、すでに人の集団が住居を構えていたと推測されている。
弥生時代には、この地に多くの集落が建ち、大規模な人間が生活していた。
その人数は五千人越えと云われ、この時期が最盛期だと思われる。
だが、徐々に人が離れ日本各地で戦が行われるようになると、人々は平地に移り、集落は消滅したと思われている。


現在

  
  

現在、吉野ヶ里遺跡は吉野ヶ里歴史公園として整備されており、国特別史跡に指定されている。
この地は魏志偉人伝に出てくる「邪馬台国」とも云われており、現在も調査が行われている。
公園内には、建物や櫓、祭壇などが復元されており、その周囲を土塁や外濠で守られていた事が容易に分かる仕組みになっている。
佐賀を代表する観光スポットとなっており、多くのイベントも行われている。
日本100名城にも選出されており、この様な戦国時代よりかなり以前の遺跡を楽しむのも良いものだ。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。