kyusyu.sky.net

歴史


陣笠城は延徳三年頃、松浦党一族の峰昌によって築城された城だと言われている。
松浦一族の峰氏は田平を中心として勢力を保っていたが、戦国時代に島原の有馬貴純と同盟を結ぶと、松浦弘定の領土である勝尾獄城などに侵攻し、この際に陣笠城を支城として築城した。
結局、この争いは和睦するのだが、田平の地は弘定が治めることとなる。
その後、幕末に至るまで平戸瀬戸の守りとして陣笠城は使用された。


現在

現在、陣笠城址は城山公園となっており山頂付近までは車で行く事ができ、雑草が茂っている野原を登ると山頂まで行く事が出来る。
ここは公園と言うより空地のようになっており城の遺構らしき物は発見できなかった。
情報では石垣が残っている様だが、山頂に展望台の様な物があるだけだ。


Copyright(C) 2020,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。