kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  

鞠智城は天智天皇二年に朝鮮半島で当時、猛威を奮っていた新羅が唐と百済を滅ぼそうとしていた為、 百済と友好関係に有った大和朝廷は援軍として百済と共同で新羅を倒そうとするが「白江村の戦いで」敗戦してしまう。
その事を重く見た朝廷は大野城や水城などと言った防衛線を張り新羅の来襲に備えた。
この時食料や武器などの救援基地として築城されたのが鞠智城だ。
だが、新羅の日本襲来は起こる事が無いまま鞠智城は歴史から姿を消した。


現在

  
  

現在、鞠智城は歴史公園となっており、当時の建造物が復元されている。
中でも鼓桜(ころう)と言われる八角建物は鞠智城一の見所なっており、古代の遺産をみるために多くの方が訪れている。
その他にも復元された倉、兵舎などが多数存在している。


Copyright(C) 2020,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。