kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  
  

清水城は嘉慶元年に島津元久が築城した。
島津氏はこの城を築くまで東福寺城を居城としていたが、手狭な為新城の築城に着手した。
だが、元久が没すると島津氏内で家督争いが勃発し清水城は焼き払われてしまう。
その後、城は再建されると島津氏の本拠地として長く栄え、九州にその勢力を拡大させていく。
天文十九年に島津十六代当主:貴久が内城を築城し居城とすると清水城は歴史から消えた。


現在

  
  
  

現在、清水城は清水中学校裏手の山に多くの遺構を残している。
この山は登山道が整備されているが、その道は竹藪が覆い困難な道なっている為、散策を行うなら準備万端にして臨んでほしい。
遺構は山腹に湧水場や石垣群、曲輪群が残されており、山頂の本丸跡には堀や曲輪、土塁が比較的良い形で残されている。
また山頂からは桜島も観る事が出来、島津氏の威光を伺う事が出来る城址だ。


Copyright(C) 2020,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。