kyusyu.sky.net

歴史

引地山城は平安時代に宇佐大宮司:到津中務が築城したと云われている。
城は代々宇佐大宮司の支族が城主を勤め、鎌倉時代に代官として清末氏が城主となると清末氏の居城となる。
だが、永禄四年に大友宗麟(おおともそうりん)と争い宇佐神宮が戦火に巻き込まれると。宇佐宮司:公達は引地山城に移り天正十一年まで居城したと云われている。


現在

現在、引地山城址は三段曲輪が残されている。
だが、城跡地の多くは住宅街となっており一部丘林が残っているもこの場所は立ち入り禁止となっている為、城址を確認する事は出来なかった。


Copyright(C) 2020,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。