kyusyu.sky.net

歴史


片脇城は宗像清氏が築城したと伝えられているが、築城年代は不明だ。
清氏は初代宗像大宮司で以後、宗像氏の重要な居城として栄えた。
その後、宗像氏は白山城に居城を移すがその年代も不明となっている。


現在


現在、片脇城址は興聖禅寺(こうせいぜんじ)裏手の山に曲輪や堀切と言った遺構が残っている。
この城へは、興聖禅寺手前に「色定法師入定之地」へ通じる道があり、そこから山腹にある墓地へと通じている。
その墓地裏を登ると城址に着くが、標など何もなく、登山道では無く獣道の様な道を登る。城址地は竹藪となって要り、多くの場所を見渡す事は不可能だ。 その為、彼の地に行く際は必ず事前準備を怠る事無くして貰いたい。大変難しい場所だ。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。