kyusyu.sky.net

歴史


冠山城は築城者、築城年代は不明だ。
鎌倉時代に高鳥居城主:河野重房(こうのしげふさ)がこの地に移り冠山城は河野氏の居城となる。
だが、その後河野氏は宗像氏の傘下となりこの地も宗像氏の勢力となった。
現地の案内板によると冠山城は宗像氏と立花氏の境界地にあった為、度々戦渦に巻き込まれていた様だ。


現在


現在、冠山城址は土塁や堀切が残っている。
冠公民館の近場に冠山城の標があり、そこから城址が在る山を登る。
登山道は比較的整備されており、山頂に行くと「冠山城址」の標識がある。
標識がある場所は土塁が確認出来、奥まで進むと堅掘と大堀切が残されている。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。