kyusyu.sky.net

歴史

  

高祖山城は、原田種継(はらだたねつぐ)・種頼(たねより)親子が元来、高祖山に築城されていた朝鮮式山城の怡土城 (いとじょう)を利用して、築城し原田氏の居城とした。  以降、原田氏は元寇の戦いや南北朝時代での戦い、大友氏家臣として少弐氏(しょうにし)との激闘など、 幾多もの戦場で戦いに明け暮れたが、天正十五年に小早川・黒田両軍に攻められ降伏すると高祖山城は廃城となり、原田氏も改易となる。


現在

  

現在、高祖山城址は、高祖山山頂付近に土塁、曲輪等の遺構を残している。
高祖山は元来、怡土城が築城されていて、両城の遺構が高祖山に残っている。
だが、怡土城の遺構の方が有名で国史跡に指定されているが、城址巡りよりも高祖山登山の方が大半だ。


Copyright(C) 2020,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。