kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  

名島城は天文年間に立花鑑載(たちばなあきとし)が築城した城で、当初立花山城の支城目的で築かれた。
 天正十五年、豊臣秀吉の九州征伐後に小早川隆景(こばやかわたかかげ)が筑前・筑後・肥前の3国を与えられ入封し、 水軍を編成できる場所として名島城の大改修を行う。
元来隆景は中国地方の雄:毛利氏の重臣であったが、秀吉は九州で異変があった際に備えて毛利氏が隆景を救援できる様に筑前に配置したが、隆景は豊臣秀吉の甥で、関ヶ原の戦いを決定付ける裏切りを起こす秀秋(ひであき)を養子に迎えて、その秀秋に家督を譲り隠居した。 関ヶ原の戦い後、秀秋は肥前:岡山城に移り、黒田長政(くろだながまさ)が入城し、手狭に感じた長政は新城として福岡城を築城し名島城は廃城となる。


現在

  
  

現在、名島城址は名島神社が建っており、黒田氏が福岡城築城の際に名島城の石塁や櫓を使用した為、遺構は殆ど残っていない。
本丸跡地に石塁や残壁、曲輪などが多少確認できる程度になっている。
博多を城下として栄えた城址だけに、物足りなさが残るが、 福岡城址地に名島城の移築門が、また黒田氏の菩提寺(ぼだいじ):崇福寺(そうふくじ)には唐門が現存として残されている。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。