kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  

豊浦陣屋は明治初期に長府藩藩主:毛利元敏(もうりもととし)により築かれた。
長府藩は元治元年に勝山御殿を築き長府藩庁としていたが、豊浦陣屋を築いた事で藩名を豊浦藩と改名し、勝山御殿と併用する形で藩庁としても使用された。
だが、明治四年の廃藩置県によって、山口県に併合されると陣屋は廃される形となったが、その後も毛利氏の居館として使用され明治天皇が宿泊した場所である。


現在

  
  
  

現在、豊浦陣屋は「長府毛利邸」として現存している。
明治に建てられた居館の為、比較的新しく保存状態も良く現在もその姿を見る事が可能だ。 また、居館の周辺には見事な高石垣があり陣屋なのだが防御性の高さが伺える。


Copyright(C) 2020,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。