kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  
  

飯盛山城は建武年間に木沢長政(きざわながまさ)が築城した城と云われている(別説として佐々目憲法築城説も有る)
南北朝時代の正平さんに起きた四条畷の戦いでは、南朝方の恩地氏が立て籠もったとされているが、当時ははまだ臨戦的陣城で、恒久的な城ではなかったと推測されている。
天文年間に、河内国守護:畠山義堯の家臣木沢長政が飯盛山城を本格的に築城し居城すると、長政は畠山氏に替って河内国守護となるほど勢力を誇るようになる。
だが、細川高国を討伐した三好元長(みよしもとなが)と長政の間で争いが勃発すると義堯や、細川晴元、山科本願寺を巻き込む「飯盛城の戦い」へと発展していくである。
戦いは、数万もの援軍を擁した山科本願寺を味方に付けた長政の勝利となり、義堯は自害し元長は山科本願寺兵に打ち取られてしまう。
その後、父の敵に燃える三好長慶(みよしながよし)は長政を討ち取り、主君:畠山氏を追放すると飯盛山城を居城と大規模な改修を行う。
長慶は飯盛山城を拠点として河内を支配するが、永禄六年に嫡男:義興が急死すると、翌七年には長慶も飯盛山城で病の為、没した。
その後、織田信長による河内平定で三好氏は信長の軍門に降り、飯盛山城は河内国守護:畠山昭高持城となるも、元亀四年に昭高家臣:遊佐信教が反乱を起こし昭高は自害すると、 激怒した信長が信教を攻撃し天正四年、飯盛山城は落城となり城も廃城となった。


現在

  
  
  

現在、飯盛山城址は飯盛山山頂に多くの石垣を残している。
山城としては珍しく、山頂部に多くの石垣が残されていて、また曲輪や堅掘、千畳敷と言った遺構も良好な形で残されていた。
また、本丸跡地には楠木正行(くすのきまさゆき)の銅像が建てられており、山頂部憩いの場として使用されていた。
石垣は長慶が改修された際に造られたとされ、その築城技術の高さを知る事が出来る程の遺構だ。
山頂からは大阪、京都方面が一望出来るほどのパノラマ景観が広がっており、一度行かれる事をお勧めする場所だ。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。