kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  
  

岡山城は、正平年間に名和氏の一族:上神高直がこの地に城を築いたのが最初だと伝わっているが、詳細な築城年代は不明だ。
大永年間には金光氏が居城していたが元亀元年、備前守護代:浦上氏の被官であった宇喜多直家(うきたなおいえ)が金光氏を謀殺し、 この地を支配すると急激に勢力を強める事となる。
天正元年には、直家の居城であった亀山城から当城に入城し、城を改築すると同時に城下町の整備も行った。
同三年には、主家であった浦上氏を乗っ取り備前で巨大な勢力と化す。
その後、秀吉の家来となり息子:秀家に家督を譲ると秀家は大大名として当城の修繕を行い、慶長二年に城は近代城郭へと変貌した。
だが、慶長五年の「関ヶ原の戦い」にて秀家は西軍に与し大敗すると、八丈島に流刑となり宇喜多氏は改易となる。
代わって小早川秀秋が備前・美作の領主となり入城するも、その2年後の秀秋は死去し嫡子がいない為、小早川氏は断絶となる。
翌八年に池田輝政(いけだてるまさ)の次男:忠継(ただつぐ)が領主となるも、幼少の為、長男:利隆(としたか)が補佐役となる。 だが、その忠継も同二十年に死去してしまう。
その後も岡山城は池田氏の所領として明治時代を迎える事となる。


現在

  
  

現在、岡山城は鳥城公園として整備されており、復元天守や、櫓などが残っている。
見所は、現存している月見櫓だろう。当時のままに残っており必見の遺構だ。
太平洋戦争までは多くの遺構が現存として残されていた模様だが、空襲で多くの遺構が焼失してしまったが、 現在は多くの遺構が復元されており、発掘調査も行われている。
復元天守は博物館となっており、岡山城の歴史を確認する事が出来る。
岡山城の隣には「日本三大庭園」に数えられる後楽園が有り、岡山城から後楽園散策は岡山の観光スポットコースにもなっているので、是非ともお勧めしたい。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。