kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  

高島城は文禄元年に日根野高吉(ひねのたかよし)が築城した水城だ。
諏訪地方は諏訪氏が領主を勤めており、茶臼山に高島城を築城し居城としていたのだが、甲斐:武田氏の信濃侵攻によって諏訪氏は滅亡しこの地方は武田氏の所領となった。
武田氏滅亡後、天正壬午の乱など動乱に見舞われた信濃だったが、天正十八年に日根野高吉が高島城へ入城すると文禄元年に、 諏訪湖の畔に新城を築城、これを諏訪高島城と呼び、現在の高島城となった。 慶長六年に日根野氏が下野国に移封すると諏訪頼水(すわよりみず)が入城し、明治時代まで諏訪氏の統治となった。
尚、頼水は武田氏によって滅亡された諏訪氏の末裔で、先祖代々の地に帰還した事となる。


現在

  
  

現在、高島城は高島公園として整備されており、敷地内に復元天守が再現されている。
この復元天守以外にも、櫓や門、堀などが再現されており、諏訪護国神社も敷地内に建てられている。
元は諏訪湖に浮かぶ城だったのだが、現在周辺は埋め立てられ住宅地内に復元天守が聳えており、その周辺を堀が囲んでいる状況だ。
春には多くの桜が咲いており、花見のスポットとしても有名な場所になっている。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。