kyusyu.sky.net

歴史

  
  
  
  
  

松本城は、永正元年に築城した深志城(ふかしじょう)が始まりだと云われている。
戦国時代になり、周囲で争いが勃発し始めると、信濃守護:小笠原貞朝(おがさわらさだとも)は居城を林城に移し、その周囲を囲む様に多くの支城を築城した。
深志城もその支城として家臣:島立貞永が築城し林城の防衛にあたった。
だが、天文年間に甲斐の竹田晴信(後の信玄)が信濃に侵攻すると、小笠原氏は善戦空しく晴信によって没落する事となる。
晴信は林城を破却し、深志城に家臣:馬場信春(ばばのぶはる)を置きこの地方を支配下に置いた。
晴信はこの地を足掛かりに、北信濃の村上氏、越後国の長尾景虎(ながおかげとら)(後の上杉謙信(うえすぎけんしん))と抗争の末信濃国を所領とした。
だが、天正十年に武田氏が織田信長に滅ぼされると、徳川家康や小笠原旧臣の助力を得て小笠原貞慶(おがさわらさだよし)が深志城に入城し小笠原氏は大名に復帰した。
貞慶は、深志城を改修し松本城と名を改めた。
天正十八年に豊臣秀吉の命により徳川家康が関東に移封されると、貞慶それに従い下総に移ると石川数正(いしかわかずまさ)が代わって松本城に入城した。
数正は松本城の大改修を行い近大城郭へと拡張した。
石川氏はその後も松本城を治めるも、慶長十八年に石川氏は改易されると、その後は小笠原氏、戸田氏、松平氏、堀田氏、水野氏、戸田氏と城主を替え明治時代に至った。


現在

  
  
  
  

現在、松本城は現存天守が残る城として国宝に認定されている。
松本城公園内にある遺構はその天守は勿論、櫓門や堀など多くの遺構が堪能できる。
現存天守や月見櫓には多くの方が来られており、入城待ちは覚悟した方が良いだろう。
天守は五層と雄大な形を残しており、その姿はどの角度から見ても様になり、黒漆塗りがさらに格好良くみせている。
更に二の丸太鼓門(たいこもん)や二の丸御殿跡など多くの見所を擁し、松本城は松本市のシンボルとなっている。


Copyright(C) 2019,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。