kyusyu.sky.net

歴史

  
  

桜山城は築城者や築城年代は不明の城だが、文応、又は文永年間頃に山名氏正の居城であったと云われている。
だが、一族による争いが起き氏正は討たれている。
その後の事は不明だが、小早川隆景(こばやかわたかかげ)が三原城を築城の際に詰丸として整備し使用したと云われている。


現在

  
  
  

現在、桜山城址は桜山山頂に石垣や井戸跡、堅状堀切が見られる。
山頂までは幾つかの登山道が有る様だが、広島大学附属三原中学校裏手からの登山道で進むと約25分程度で山頂に着く事ができる。
登山道は整備されており、登り易くなっている。
山頂は南北に深く延びており、下界から見る景色と異なる山頂に驚きを感じた。
その山頂には石垣や曲輪、井戸跡が見られる。また、他に小さなため池か、大きな井戸跡か不明な程の沼地の様な場所も存在している。
遺構の石垣から堅固な構造となっており、この城の防御力の高さが伺える。


Copyright(C) 2020,All rights are reserved by Yuichi Ishii
当サイトページを無断で転載、複製、改変等の行為は禁じます。